2016年6月22日配信 | 青い森クラウドベースメールマガジン<2016.6.22号>│メルマガジンバックナンバー│青い森クラウドベース



<2016.6.22号>
青い森クラウドベースメールマガジン

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■◇青い森クラウドベースメールマガジン◇■
                            <2016.6.22号>
          このメルマガは青い森クラウドベースが発行しています
                        https://aoimoricb.co.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

当メールマガジンは、青い森クラウドベースのWebページからセミナーお申し込
みやお問い合わせ頂いたお客様、青い森クラウドベース及び業務委託を受けた
青い森クラウドベース営業担当と名刺交換をさせて頂いたお客様、青い森クラ
ウドベースが主催、共催、協賛するセミナー、イベントにご参加して頂いたお
客様に送付しております。
※配信停止方法や配信対象等については、このメールの末尾をご覧ください。
----------------------------------------------------------------------

こんにちは。青い森クラウドベースメールマガジン事務局の深沢 万佐子です。

梅雨がおわれば、もうすぐ夏ですね。既に今夏は「観測史上最悪の猛暑」との
予測がでておりますので、お出かけの際はもちろんの事、室内にいる際にも充
分な熱中症対策が必要かもしれません。我が家では愛犬が毎日お留守番してい
るので、クーラーをつけっぱなしにするのですが、留守中停電になったりしな
いか。と、毎日心配です。しっかりリスク分散して猛暑に備えたいと思います。


▼「2016年は史上最も暑い年になる」NASAの気象学者が警告
 http://www.huffingtonpost.jp/2016/05/18/nasa_n_10038824.html

▼外だけじゃない?室内の熱中症に気をつけたい6つの対策
 http://matome.naver.jp/odai/2140505000834974201


今月号のメルマガもどうぞよろしくお願いします。


■□―――――――――――――――――――――――――――――――――
  INDEX
―――――――――――――――――――――――――――――――――□■
1.青い森クラウドベースからのお知らせ
 ◆クラウドサービスのお知らせ

2.イベント・セミナー情報
 ◆7月29日(金)、30日(土)オープンソースカンファレンス2016 Kyoto 出展

3.パートナーからのお知らせ
 ◆日本ウェブサービス株式会社より「連携ソリューションのご案内」

4.東大大学院教授 江崎浩コラム

5.NEWS
 ◆データセンターに関するニュースをお知らせします!


■■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■■
   1.青い森クラウドベースからのお知らせ              
■■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■■

<クラウドサービスのお知らせ>

青い森クラウドベースは、間もなくクラウドサービスがリリースいたします!
リーズナブルな価格で、高品質なサービスをご提供いたします。
下記のモデルケースをご参照いただき、是非お問い合わせください。

----------------------------------------------------------------------
【モデルケース1】Webアプリケーションの場合

<月額>
CPU:4コア、メモリー8GB→\15,240円
HDD:100G→2,020円
ネットワーク:100M共有→0円
合計:17,260円

※CentOSの場合
----------------------------------------------------------------------
【モデルケース2】社内向けWebアプリケーションVPNの場合(1拠点想定)

<月額>
CPU:4コア、メモリー8GB→\15,240円
HDD:100G→2,020円
ネットワーク:VPNワイド+フレッツ回線→14,200円
合計:31,460円

※CentOSの場合、フレッツ回線・VPNワイドはお客様、DC側に設定
----------------------------------------------------------------------


▼お問い合わせ/資料請求など
 https://aoimoricb.co.jp/inquiry/?mm=160622_1


■■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■■
   2.イベント・セミナー情報                    
■■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■■

┌──────────────────────────────────
│ 「オープンソースカンファレンス2016 Kyoto」ブース出展&セミナー講演
│ エンタープライズでも活用できる!遠隔地バックアップサービスをご紹介!
└──────────────────────────────────

青い森クラウドベースは、7月29日(金)、30日(土)に京都リサーチパーク(KRP) 
で開催される「オープンソースカンファレンス2016 Kyoto」に出展いたします。

青い森クラウドベースは、ハウジング/コロケーション、パブリッククラウド、
バックアップ、DR(ディザスタリカバリ)などをご利用いただける、東北最大
級のデータセンターです。
世界初となる“雪氷冷房”の技術導入による世界最高レベルの省エネルギー化、
従来型の数倍を誇る高密度化を実現することにより、消費電力コストを最大限
に圧縮し、TCO削減に寄与します。

展示ブースでは、青い森クラウドベースのご紹介のほか、「オープンソース焼
きそば」の配布を行います。また、7月29日(金)14:00からのセミナーでは、
パートナー企業である三栄ハイテックス社より「エンタープライズでも活用で
きる!QNAPと青い森クラウドベースを活用した遠隔地バックアップのご紹介」
の講演を行います。

是非、展示ブース、セミナーへお立ち寄りください。

===================================

【開催概要】
日時:2016年7月29日(金)10:00~17:00(展示は11:00~17:00)
   2016年7月30日(土)10:00~17:30(展示は10:00~16:00)   

会場:京都リサーチパーク(KRP) 
       [アクセスマップ]
      http://www.krp.co.jp/access/index.html
   ・JR嵯峨野線(山陰線)「丹波口駅」より西へ徒歩5分
   ・「京都駅/西院駅/大宮駅/五条駅」からタクシーで約10分

講演:2016年7月29日(金)14:00~14:45
   「エンタープライズでも活用できる!
    QNAPと青い森クラウドベースを活用した遠隔地バックアップのご紹介」
    松下 一彦(三栄ハイテックス株式会社)
    浅野 太仁(青い森クラウドベース株式会社)

費用:無料

===================================


▼イベントの詳細、お申し込みはこちらから
 https://aoimoricb.co.jp/event/articles/20160729.html?mm=160622_2


■■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■■
   3.パートナーからのお知らせ ~最新情報をお知らせ~       
■■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■■

┌──────────────────────────────────
│ 日本ウェブサービス株式会社より「連携ソリューションのご案内」
└──────────────────────────────────

青い森クラウドベースのビジネスパートナーである、日本ウェブサービス株式
会社は先のクラウドエキスポコンピューティングEXPO春でご紹介いたしました
が、以下2製品を新しく青い森クラウドベースと連携しお客様へご提案をさせて
頂きます。


【異なるDB間でのレプリケーションを安価に実現!】
FC Replicatorは、DB運用では必須となっているレプリケーションを行うソフト
ウェアです。一般的なDBレプリケーションソフトウェアと比べ、以下の大きな
特徴を持っています。

・異なるDB間(OracleからPostgreSQLなど)でもリアルタイムに、レプリケー
 ションが可能
・独自の圧縮転送技術によって、帯域が細い回線でもレプリケーションが可能

また、独自の圧縮転送技術を活かした、WAN高速化ソフトウェア等もございます
ので、何なりとご連絡下さい。


【Webサイト改ざん瞬間検知・瞬間復旧 WebARGUS(ウェブアルゴス)】
WebARGUSは、改ざんを発生と同時に検知し、瞬時に元の状態に復元できる新し
い改ざん検知製品です。

改ざん発生からサイトの自動修復まで、わずか0.1秒未満の瞬間復旧を実現。
改ざん状態をほぼゼロにすることが可能です。攻撃の手口にかかわらず『改ざ
んされたら元に戻す』ことを特長としているため、セキュリティ製品が対応で
きないゼロデイ攻撃や内部犯行による改ざんにも対応することができます。

従来のWebセキュリティでは改ざん被害を100%防ぐことが不可能でしたが、
WebARGUSの瞬間復旧により、これまでの対策で解消しきれなかった残存リスク
(対策の突破リスク)を解消することが可能です。


以上でございます。2製品のお問合せに関しては以下リンクへお願い致します。


▼日本ウェブサービス株式会社
 http://jpn-web.co.jp/news_160511.html

▼日本ウェブサービスソリューション一覧
 https://aoimoricb.co.jp/material/pdf/jws_leaflet.pdf?mm=160622_3


■■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■■
   4.東大大学院教授 江崎浩コラム                
■■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■■

<2016.6> 
インターネット・ガバナンス・カンファレンス・ジャパン、通称 ICGJ 
(http://igcj.jp/)という会合において、現在、今後のインターネットにおけ
るセキュリティ対策を考えるための参照・参考ドキュメントとして利用してい
ただくことを目的としたドキュメントの作成を行っています。昨年の夏に、議
論を開始して、5月25日の会合で、ほぼ、内容に関する参加者の皆さまの間での
ラフ・コンセンサスを形成するに至りました。

このドキュメントは、現在その研究開発やビジネス化の取り組みが加速してい
る IoT(Internet of Things)、ビッグデータ、FinTechあるいは人工知能など
に関する状況を鑑み、これまでのインターネット産業を形成してきたプレイヤ
ーとは異なる、これからインターネットに接続されることになる新しいプレイ
ヤーの方々と、インターネットが成功し・成功を持続させるために必要な条件
を整理し、これを共有して、新しい時代が誤った方向に行かないようにするた
めのコンセンサスを形成するための議論を起動することを目的に作成したもの
です。

特に、例えば、IoTの分野においては、Internetという言葉が使われているにも
関わらず、インターネットとの接続を前提としない閉域網を前提とした技術検
討が行われている場合が少なくないようです。また、多くの企業において、セ
キュリティポリシーが厳しすぎて、イノベーティブな活動が阻害されていたり、
あるいは、単に「閉じていれば安全だ」と考え、適切で十分なセキュリティ対
策を怠っている場合が少ないようなのです。このような「不適切な」「不都合
な」状況を改善することが、今後のインターネットを前提にした、グローバル
なデジタル・エコノミーの発展にとって、必須のものになると考えられるから
です。 

また、セキュリティにとって、重要な考え方に、(1)「セキュリティは『誰かが
解決してくれるもの』ではなく、『関係するすべてのステークホルダー間によ
る協調・協働』によって実現されるものである」、(2)「まずは自助、次に共
助、最後に公助」があります。「共助」においては、機器・ソフトウェア提供
者、サービス提供者、サービス利用者にまたがる垂直方向の関係者と、提供者
間および利用者間での水平方向の関係者の両軸での協調・協働を実現すること
が重要ですし、その前に、すべてのインターネットの利用者・事業者が、自身
の努力で自身のシステムのセキュリティ対策の品質・レベルを高める必要があ
るのです。

このような、考え方と、筆者が理事を仰せつかっています ISOC(Internet So
ciety)*においては、「Collaborative Security」と呼んでいます。 インター
ネットに関係するすべての関係者(ステークホルダ)が協力・協調・連携・協働
して、問題の解決に当たらなければならないという考え方です。 

このような、Collaborative Securityの実現のための、すべてのエンドユーザ
(事業者を含む)、インターネットサービスプロバイダ、アプリケーションプ
ロバイダなど、すべてのプレイヤーにとって、データセンタやクラウドプラッ
トフォームの利用は、セキュリティ・レベルの向上に大きな貢献をすることが、
共通の認識になっているのではないでしょうか。

すなわち、我々は、適切なセキュリティ品質を提供可能なプラットフォームを
提供しながら、かつ、各プレイヤーのシステムのインターネットへの接続を前
提としたシステム設計・構築・運用を支援する必要があるのではないでしょうか。 


(*) Collaborative Security by ISOC (Internet Society)
http://www.internetsociety.org/collaborativesecurity


----------------------------------------------------------------------
青い森クラウドベースの資料請求や価格については、下記の専用フォームから
お気軽にお問い合わせください。
----------------------------------------------------------------------


▼お問い合わせ/資料請求など
 https://aoimoricb.co.jp/inquiry/?mm=160622_4


■■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■■
  5.NEWS ~データセンターに関わる最新ニュースをPickUP!~        
■■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■■

▽2016年06月08日
 ERP、SCMのクラウド需要が顕在化へ
 http://japan.zdnet.com/article/35083919/

▽2016年06月15日
 セキュリティ製品市場は2020年まで4.7%成長--IDC調査
 http://japan.zdnet.com/article/35084288/

▽2016年06月15日
 2015年のエンタープライズITインフラ市場は前年比8.5%増の7,500億円規模に
 https://enterprisezine.jp/article/detail/8160

▽2016年06月20日
 フェイスブックとマイクロソフトがクラウドを「海に沈める」計画で提携
 http://forbesjapan.com/articles/detail/12555

▽2016年06月20日
 クラウドはAIなしで語れない時代に Google、“AIクラウド”に本腰 
 http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1606/20/news076.html


-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

【メール配信の変更・解除について】
配信停止をご希望の方は、下記URLからお手続きください。
https://aoimoricb.co.jp/mailmag/mmstop.html

配信先メールアドレスの変更をご希望の方は、下記URLからお手続きください。
https://aoimoricb.co.jp/mailmag/mmchange.html

【本メールに関するお問い合わせ】
青い森クラウドベース株式会社
青い森クラウドベースメールマガジン事務局
[業務委託先]株式会社エムキューブ・プラスハート

E-mail:magazine@aoimoricb.co.jp
Tel:03-5826-8485(受付時間 10:00-18:00 ※土日祝日を除く)

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

お問い合わせ

青い森クラウドベースの資料請求やお見積、お問い合わせはこちら!

  • 青い森クラウドベースメールマガジン配信

  • 青い森クラウドベースメールマガジン バックナンバーはこちら

  • 青い森クラウドベース採用情報

  • Youtibe 青い森クラウドベースOFFICIALチャンネル

  • 青い森クラウドベースメールマガジン パートナープログラム

  • Introduction document (English version)

  • オープンソースビジネス推進協議会(OBCI)

  • JAPiCOマーク(個人情報管理士)認証取得しました
  • ISMS認証取得 適用範囲:データセンター