2017年4月19日配信 | 青い森クラウドベースメールマガジン<2017.4.19号>│メルマガジンバックナンバー│青い森クラウドベース



<2017.4.19号>
青い森クラウドベースメールマガジン

		
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■◇青い森クラウドベースメールマガジン◇■
                             <2017.4.19号>
          このメルマガは青い森クラウドベースが発行しています
                       https://aoimoricb.co.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

当メールマガジンは、青い森クラウドベースのWebページからセミナーお申し込
みやお問い合わせ頂いたお客様、青い森クラウドベース及び業務委託を受けた
青い森クラウドベース営業担当と名刺交換をさせて頂いたお客様、青い森クラ
ウドベースが主催、共催、協賛するセミナー、イベントにご参加して頂いたお
客様に送付しております。
※配信停止方法や配信対象等については、このメールの末尾をご覧ください。
----------------------------------------------------------------------

こんにちは。青い森クラウドベースメールマガジン事務局の田中 琴子です。

菜の花、すみれ、チューリップに蒲公英、お花が咲き誇る季節になりました。
だけどやっぱり春を彩るお花と言えば桜。もうお花見に行かれましたか?
忙しくて行けなかった…でも大丈夫!青森では今これからがお花見シーズン。
弘前公園では4月22日(土)~5月7日(日)に桜祭りが開催されます。
空が覆われるほど幾重にも重なる桜は、りんごの剪定方法から生まれたもの。
豪華に咲き誇る桜は青森ならでは!ああ、アップルパイが食べたいなあ…


▼弘前さくらまつり2017
 http://www.hirosakipark.jp/sakura/

▼わたしが大好きな「気になるリンゴ」はお土産としても大人気!
 http://www.rag-s.com/apple/


今月号のメルマガもどうぞよろしくお願いします。


■□―――――――――――――――――――――――――――――――――
  INDEX
―――――――――――――――――――――――――――――――――□■
1.青い森クラウドベースからのお知らせ
 ◆ノベル株式会社と協業し、クラウドシステムへの移行ソリューションを提供

2.イベント・セミナー情報
 ◆第8回 クラウドコンピューティングEXPO春に出展します!
 ◆OBCIプレミアムセミナー
   「IoT/ロボティクス×イノベーションがもたらすビジネス革新」

3.パートナーからのお知らせ
 ◆エスアイマネジメント株式会社より
  「墓所総合管理システム、その他サービスのご案内」

4.東大大学院教授 江崎浩コラム

5.NEWS
 ◆データセンターに関するニュースをお知らせします!


■■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■■
   1.青い森クラウドベースからのお知らせ              
■■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■■

<ノベル株式会社と協業し、クラウドシステムへの移行ソリューションを提供>

2017年に入り、エンタープライズ企業や自治体ではシステムのクラウドの利用
が増々加速しています。しかしながら企業や自治体は、クラウド・データセン
ターの移行に関してに大きな不安や課題を抱えています。

エネルギー産業創造特区内に設立された青い森クラウドベースは、クラウドサ
ービスを低コストで提供しています。データセンターは自然災害が少ない場所
に立地しており、高い安全性を確保しています。

ノベル株式会社のPlateSpin Migrateは、マルチプラットフォーム対応のクラ
ウドマイグレーションツールです。移行先を問わずに、サーバのワークロードを
自在に移行することが可能となります。テスト移行から本番稼働までの移行プロ
セスをフローで管理し、容易にかつ短期間での移行を実現します。

本協業により、青い森クラウドベースのデータセンターへのシームレスなシス
テム移行が可能となり、高い安全性・冗長性を持ったデータセンターにDR環境
をクラウドで構築することがワンストップで手軽かつ低コストでできるように
なります。

▼プレスリリースはこちら
  https://aoimoricb.co.jp/news/articles/20170419.pdf?mm=170419_1
  https://aoimoricb.co.jp/services/backup-solution/migration.html?mm=170419_2

▼お問い合わせ/資料請求など
 https://aoimoricb.co.jp/inquiry/?mm=170419_3


■■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■■
   2.イベント・セミナー情報                    
■■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■■

┌──────────────────────────────────
│ 5月10日(水)、11日(木)、12日(金)
│ 第8回 クラウドコンピューティングEXPO春@東京ビックサイト 出展します!
└──────────────────────────────────

5月10日(水)~12日(金)の3日間、<東京ビッグサイト>で開催される
「第8回 クラウドコンピューティングEXPO春@東京ビックサイト」へ、出展いた
します。今回は「クラウド&OSSパビリオン」への共同出展です。
青い森クラウドベースについて直接そしてより詳しい紹介や、パートナー企業に
よるサービスのご紹介など、魅力的な最新情報をご用意しておりますので、
「クラウド&OSSパビリオン(小間番号:東48-3)」へ、ぜひお越しください。
  
また、会期中「クラウド&OSSパビリオン」にお越し頂いた方に、お名刺と
交換で特製ノベルティ「オープンソース焼そば」のプレゼントもございます。
無くなり次第、終了となりますので、お早めにお受け取りください。

▼イベントの詳細、招待券のお申し込みはこちらから
  https://aoimoricb.co.jp/event/articles/20170510.html?mm=170419_4

▼お問い合わせ
 https://aoimoricb.co.jp/inquiry/?mm=170419_5

┌──────────────────────────────────
│ 4月21日(金)
│ OBCIプレミアムセミナー
│  「IoT/ロボティクス×イノベーションがもたらすビジネス革新」
└──────────────────────────────────

4月21日(金)、<ベルサール秋葉原>にて、青い森クラウドベースも会員と
なっている「オープンソースビジネス推進協議会(OBCI)」がプレミアムセミ
ナーを開催いたします。今回のテーマは、「IoT/ロボティクス×イノベーショ
ンがもたらすビジネス革新」です。
注目の基調講演は、画像解析+人工知能(A.I.)+ロボティクス技術を融合した
全自動衣類折りたたみ機「ランドロイド」についてです。
また「IoT/ロボティクス×イノベーションがもたらす世界」と題して、ロボッ
トが日常にいる当たり前の世界とは何か、オープンソースとの関わりとは何か
をご講演いただきます。
産業利用が進んできたドローンについても、ドローンソフトウェアの構造
を紐解いていきながら、ドローンビジネスの要諦を解説していただきます。
これは盛りだくさんでおもしろそうです!ぜひ足をお運びくださいませ。

▼イベントの詳細、お申し込みはこちらから
  https://aoimoricb.co.jp/event/articles/20170421.html?mm=170419_6


■■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■■
   3.パートナーからのお知らせ ~最新情報をお知らせ~       
■■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■■

┌──────────────────────────────────
│エスアイマネジメント株式会社より
│             「墓所総合管理システム、その他サービスのご案内」
└──────────────────────────────────

【墓所総合管理システム】
弊社が開発した、お寺、霊園、納骨堂を管理されているお客様向けの「墓所総
合管理システム~てらもりくん~」では、檀家様・御契約者様の情報を一元管
理いたします。
永代供養費用や管理費の入出金管理、法要などのスケジュール管理、スケジュ
ールに合わせた檀家様・御契約者様への案内等、運用に関わることを墓所総合
管理システム1つでサポートいたします。
紙ベースで管理されているお寺様や霊園・納骨堂管理者様は、紛失・間違い等
の人的ミスを防ぎ、事務手続きを簡潔にすることで、檀家様やご契約者様への
幅広いサポートが可能となります。

主な機能
○お墓や納骨堂の使用者や埋葬者等の情報、法要スケジュール・入出金など業
 務にかかわるあらゆるデータの管理
○お墓の対象区画の重複営業の防止
○参拝者自身による参拝区画の検索、墓所へのご案内
○お持ちのスマートフォン・タブレットでのお戒名(ご法名)・遺影・故人の
 思い出の記録などのメモリアル演出表示(遠隔地からの参拝)

お手元のブラウザでご利用いただけますので、インストール作業は必要ありま
せん。クラウド上での月額契約、オンプレミスのどちらでもご提供可能です。
ご利用者様の使い勝手や環境に合わせ、カスタマイズも可能です。

【お客様のニーズに合わせたシステム開発】
上記以外にも複数のパッケージシステムをご提供しております。
商品・顧客・在庫管理等の基本機能に加え、SNS・多言語・多通貨・レスポンシ
ブ対応など多機能なカートエンジンを採用した、一般顧客向けショッピングサ
イト(B to C)・法人向け受発注サイト(B to B)の構築を行っております。

業務を問わず、受託開発も行っております。
弊社では「for Your Company」をモットーとし、お客様のニーズに合わせたシ
ステムをご提供いたします。ご要望のヒアリング~保守対応までワンストップ
で対応いたしますので、
お気軽にお問合せ下さい。

お問い合わせ先:https://www.si-m.com/contact.html

▼エスアイマネジメント株式会社
 http://www.si-m.com/


■■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■■
   4.東大大学院教授 江崎浩コラム                
■■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■■

<2017.04> 

我が国における電力事業のコスト構造は、太陽光発電に代表される再生可能エ
ネルギーの買取り制度(FIT制度)と、原子力発電施設の停止に伴う火力発電に
よる発電コストの増加、さらに、福島第1発電所の事故対応・廃炉に必要な費
用が、統括原価方式によって、電力の利用者に負担を強いる構造となっており、
2011年の東日本大震災以降、電力単価は、ほぼ単調増加の傾向にあります。 
データセンターは、大量の電力を消費し、

さらに、1日の電力消費量がほとんど変化しない電力会社にとっての良顧客と
なっています。 各データセンターでは、系統電源の喪失に備えて、短時間の停
電に対応するための蓄電池と、長時間の停電に対応するための自家発電設備を
装備しています。

これらの、停電対策に必要な施設のコスト負担は非常に大きく根本的な対応策
が必要なのではないでしょうか。 

日本データセンター協会と東大グリーンICTプロジェクトで運営している「次
世代データセンター勉強会」においても、これらの課題に関する最新動向や議
論が行われています。 

(1)電力の購入 
データセンターが必要とする電源容量は、100KWクラス、MWクラス、数十MW
クラス、さらには、今後 数百MWクラスまで、その大きさは様々となって
きています。 MWクラスまでは、自営での発電よりも電力会社が供給する系統
電力を購買する方がコストが小さくなりますが、数十MWあるいは数百MWクラス
になってくると、電力会社が供給うる系統電力よりも、自営の発電設備による
発電コストの方が小さくなる可能性も出てきているのではないでしょうか。

最初の設備投資が非常に大きく、このコストを事業運営の中で償却していく
必要がありますので、経営的に可能かの詳細で精査な検討が必要でしょうが、
少なくとも、米国や中国においては、データセンターの大規模化に伴い、
自営の発電設備をデータセンター事業者が自身で構築・運用するところも出て
きている状況にあります。
 
(2)蓄電池設備
蓄電池設備は、日本における停電の発生確率・頻度と継続時間を考えると、
ほとんどは、定期的な設備の稼働確認において 利用されるのがほとんどであり、
上記勉強会においては、蓄電池設備の性能劣化は、ほとんど発生していないの
ではないかという議論がされました。
現在は、蓄電池システムの正常動作を「保証」するために、ある期間を経過し
た蓄電池は、無条件に リプレイスすることになっています。

また、蓄電池の特性のばらつきは 比較的大きいことも知られており、自動車
の蓄電池においては、特性の劣化が少ない良質のバッテリーのリサイクルビジ
ネスも出てこようとしています。同様の議論、さらには、蓄電池のリプレイス
の期間を長くすることも、特に、日本の電力事情では可能ではないかとの議論
が行われてもいいのかもしれません。 

(3)自家発電設備
通常のデータセンターにおける自家発電設備は、石油による火力発電です。災
害時は、火力発電に必要な石油は、自衛隊や警察などの公共機関が災害対策の
ために優先的に使用します。その結果、データセンターの自家発電設備の運用
に対するリスクとなります。このような問題は、ガス供給システムを用いた
ガス発電装置で解決することができるかもしれません。

しかし、我が国のガスの単価は、非常に高価であり、根本的なコスト削減
の方策・施策が必要です。
 
以上、データセンターの持続的な安定運用に必須となる、電力の確保のための、
新たな仕組みや施策、あるいは技術の調査・挑戦が求められるような段階にな
ってきているのではないでしょうか。

----------------------------------------------------------------------
青い森クラウドベースの資料請求や価格については、下記の専用フォームから
お気軽にお問い合わせください。
----------------------------------------------------------------------


▼お問い合わせ/資料請求など
 https://aoimoricb.co.jp/inquiry/?mm=170419_7


■■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■■
  5.NEWS ~データセンターに関わる最新ニュースをPickUP!~        
■■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■■

▽2017年04月07日
 「イノベーションに不可欠」--デジタル化推進企業が大幅に増加
 https://japan.zdnet.com/article/35099395/

▽2017年04月10日
 世界クラウドITインフラ投資は9.2%増
 https://japan.zdnet.com/article/35099503/

▽2017年04月11日
 国内IoT市場、2021年には11兆円に - IDCが成長を牽引する要因を説明
 http://news.mynavi.jp/articles/2017/04/11/iot_idc/

▽2017年04月17日
 クラウドで運用担当の仕事は増える?
 http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/17/040300116/040300006/?rt=nocnt

▽2017年04月17日
 みずほ銀行 エムウォレット設立に見るFinTechとECの関係
 https://www.ecnomikata.com/ecnews/14304/

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

【メール配信の変更・解除について】
配信停止をご希望の方は、下記URLからお手続きください。
https://aoimoricb.co.jp/mailmag/mmstop.html

配信先メールアドレスの変更をご希望の方は、下記URLからお手続きください。
https://aoimoricb.co.jp/mailmag/mmchange.html

【本メールに関するお問い合わせ】
青い森クラウドベース株式会社
青い森クラウドベースメールマガジン事務局
[業務委託先]株式会社エムキューブ・プラスハート

E-mail:magazine@aoimoricb.co.jp
Tel:03-5826-8485(受付時間 10:00-18:00 ※土日祝日を除く)

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
		

お問い合わせ

青い森クラウドベースの資料請求やお見積、お問い合わせはこちら!

  • 青い森クラウドベース採用情報

  • 青い森クラウドベースメールマガジン配信

  • 青い森クラウドベースメールマガジン バックナンバーはこちら

  • Youtibe 青い森クラウドベースOFFICIALチャンネル

  • 青い森クラウドベースメールマガジン パートナープログラム

  • Introduction document (English version)

  • オープンソースビジネス推進協議会(OBCI)

  • JAPiCOマーク(個人情報管理士)認証取得しました
  • ISMS認証取得 適用範囲:データセンター